食洗機を業務用に決めたわけ

食器も調理器具も、その時間帯で何回も使いたい時がありますよね。だから食洗機が仕上がるのを何時間も待ってなんていられません。業務用食洗機なら1回の洗浄時間が2分です。これぞ我が家の最強時短家電です。

決めていたこと

  • とにかく早いこと

たくさんの人が遊びに来てくれる開放的な家づくりを目指していました。

料理をたくさんつくって、ワイワイ飲んでおしゃべりして、楽しい時間を過ごしたい!

そのために、どんどん洗い物をこなせる食洗機がマストでした。

候補となったものたち

海外製と思い込んでいたけれど

えだまめたちの実家はどちらもドイツ製の食洗機で育ったので、60cm幅の大きい食洗機が当たり前でした。しかも30年くらい稼働していたので、耐久性も折り紙つきです。

当然、ドイツ製食洗機を買うつもりだったのです

やっぱり素敵ですね⬇️

GAGGENAUより引用

Mieleより引用

ところが、えだまめたちの実家で寿命を迎えて買い替えになったそれぞれ新しい世代の食洗機たちは、音はめちゃくちゃ静かになっていますが、その分やたらと時間がかかるようになっていました。

サイトやカタログで調べてみても、どれも“油汚れに強い”、“使用する水の量が少ない”、“消費電力が少ない”、といったことを謳っていましたが、洗浄時間については隅っこに小さく書かれているだけで、だいたいが90-120分くらい要していました。

これは、時短キッチンを目指すえだまめ的には許容できるものではありませんでした

意外と優秀な据え置きpanasonic

当時住んでいたマンションにはビルトインではなく、据え置きのpanasonicの食洗機がありました。

panasonicより引用

⬆️もっともっと旧式のものでしたが、すごく優秀でした。見た目以上にたくさん入りますし、確かすすぎまでなら30分もかからずに終了していたように思います。

⬆️こんな感じだったと思います。夕飯を作る時に使った調理器具を食洗機にかけて、なんならその調理器具をもう一度料理に使用して、もちろん食後は食器を入れて、と、夕食時には2-4回洗浄していた気がします。

乾燥だけもできるので、さっと手洗いしたものを入れて乾燥させることもできました。

そう、料理中に調理器具を洗って繰り返し使えるくらい、どんどん入れて洗ってを繰り返せる食洗機が欲しい!、ということを再確認しました。

なら、これを2台設置するか??という考えも一瞬浮かびましたが、どうにも締まりがつかないのでやめました。

ふと思い出したのがホシザキ

むかしむかし通販生活という雑誌があって(今もあるみたいですね)、とても優秀な製品が満載で、楽しくて隅から隅まで読んでいました。その中に、業務用調理器具メーカーのホシザキが家庭用に作った食洗機が載っていたのをふと思い出したのです。

6分で洗浄が終わるという、家庭用食洗機としては革命的な商品した。

そこで調べてみたのですが、なんと、すでに販売終了になっていました。

どうしてあんなに優秀な製品が消えてしまうのか、、もったいないですね。

そして業務用へ

そして、気づいたのです。

じゃあホシザキが家庭用から撤退したのなら、もう業務用にすればいいのか、と。

業務用食洗機のカタログをみると、どれも2分程度で洗浄完了するのです。

これだ!と嬉しくなって、業務用食洗機選びがはじまりました。